光が丘眼科クリニックギャラリーの新しい展示作品


三回目の展示替えをしました。
今回の作品は金箔を使った作品一点と墨と和紙の作品二点です。

「ゆめ おおく そしてゆめ」(和紙、墨)
実現する夢もあれば、実現しない夢もあります。
でも夢は多い方がいいと思います。

「なみがおどって」(和紙、墨)
新型コロナウィルスで、なんとなく閉塞感におおわれている様な、感じがします。
優しい気持ちで、心も体も踊っている様な、そんな心境になれたらいいなぁと思います。

「宙(そら)のかなたに」(和紙、墨、金箔)
銀箔がほとんどで、金箔を使うことは、98%ないのですが、
この作品は珍しく金箔を使っています。
宇宙のかなたには存在しているかもしれない、星を求めて。

光が丘眼科クリニックギャラリーの新しい展示作品” に対して4件のコメントがあります。

  1. 秋田節子 より:

    こんにちは
    早速拝観させて頂きました。クリニックにギャラリーがあるんですね。特設ですか?素晴らしい!
    もちろん墨絵は最高ですがサッチャンのコメントもさすがの表現と思っています。まだまだ進化し続けて下さいますように!
    お会い出来る日を心より祈っております。

  2. 山崎倖子 より:

    コメントありがとうございました。
    待合室が、ギャラリーになっています。私は3月から展示させていただいております。
    患者さんにご迷惑にならない様に、作品を見ていただいております。
    宜しくお願いいたします。

  3. 縫島美佐子 より:

    倖子さんの絵が飾ってあるとは、なんてオシャレな眼科なんでしょう😻
    写真で拝見しても素敵なんですが、やはり “なま”で見てみたいですね。
    でも、写真に添えられたコメントが良いですね😽❗️
    コメントが添えられていることで、絵のもっと深い部分も見えてくる気がします。

    1. 山崎倖子 より:

      美佐子さん、コメントありがとうございました。
      光が丘眼科クリニックのHPをご覧いただきますと、イベント情報という項目があります。

      http://hikarigaoka-ganka.com/event.html

      私は3月に展示したのが初めてですが、他の作家の方々の作品も展示してます。
      講演会も開催してます。
      待合室がギャラリーなんて、おしゃれですよね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です