縄文2021 東京に生きた縄文人


東京に生きた縄文人展に行ってきました。
図録の「はじめに」のページに、江戸東京博物館館長の藤森照信さんの挨拶文
が、載っています。
日本の縄文時代は、世界史の上では不思議な時代といえよう。
と書かれています。
「えぇ 何が 」とおもいました。
世界史的には縄文時代は新石器時代ということになり、新石器、土器、
定住の三つは、世界の(ユーラシア大陸)と一致します。が日本の縄文時代は、
農業が未発達だったと言うのです。
農業は未発達でしたが、人々は定住していました。それは、青森県の三内丸山
遺跡などからも、わかりますね。
定住できたのは日本列島は、海の幸、山の幸に恵まれているからです。
人々は豊かな狩猟採集民だったのです。

私は茨城県の利根川沿いで生まれました。
縄文時代は、私の生まれ故郷の近くまで東京湾でした。
これは縄文の海進と呼ばれているそうです。
生家にいた頃、近くに貝塚があった話を聞いたことがあります。

北区中里貝塚

私は土偶が好きです。
東京からも、たくさんの縄文の土偶が発掘されています。
どんな願いをこめて作ったのでしょうか。
土偶の大きな魅力の一つは、作為的ではないということです。


多摩二ュータウンのビーナス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。