スペイン、ソルソナで初個展!

2019年9月4日〜10日。
バルセロナから車で約2時間、ソルソナ市の図書館で初の個展!

展示風景

ソルソナは、古代ローマから続く古都です。
ソルソナのミュージアムで見た土器は、日本の縄文土器に似ていました。

ソルソナミュージアムに展示されていた土器

街の石壁には、きれいな花が飾られています。ゴミも落ちていません。
ギャラリーは、午前11時開館、午後1時から5時半までは休憩時間です。
1時から5時迄はレストラン以外は休憩時間のようです。
街の人達も、ファミリーやお友達と、ワインを飲みながら、楽しそうに食事をしています。
ギャラリーに来るお客さんは、作品を丁寧に見て下さいます。
銀箔を使った作品が多かったせいか、beautifulと言って下さいました。

地元の子供たちが水墨画に挑戦!

私は和紙に墨を使い、そして銀箔や岩絵具など、日本独特のものを使っているので、
公用語のカタルーニャ語に訳してもらい、説明しました。
油絵を描いている若い女性が、半紙を硯と墨を持って来ました。
東京みやげでもらったのだそうです。使い方を教えてほしいといわれ、一緒に墨をすったりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です